読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【稲田朋美 森友学園】稲田防衛相と籠池氏、食い違い一段と鮮明 森友学園訴訟書面に「代理人弁護士」

f:id:katun055:20170316223158j:plain

森友学園をめぐる一連の問題で、籠池泰典理事長と稲田朋美防衛相との言い分の食い違いが、さらに鮮明になっている。籠池氏は、2017年3月12日、この問題を追及していたライターの菅野氏のインタビューに応じ、稲田氏が森友学園の顧問弁護士を務め、同学園の訴訟も受任していたと話した。菅野氏はツイッターで、森友学園が起こした裁判の原告代理人の一人に稲田氏の名前がある準備書面も公開した。

 だが、稲田氏は、籠池氏の話は「全くの、それは虚偽」だと主張。稲田氏は夫と共同で弁護士事務所を運営しており、準備書面についても「連名で出すことは多くある」として、実質的な弁護はおこなっていないと反論している。

f:id:katun055:20170316223146j:plain

■籠池氏「初当選以前に顧問弁護士として親交」

 動画は3月13日に公開され、長さは約25分。籠池氏は、稲田氏について「旧知の仲」だったとして、05年の衆院議員初当選以前に「顧問弁護士」として親交があったと説明。稲田氏の弁護活動について

  「なかなか素晴らしい切り口ですよ?そりゃあ立派なもんだったんじゃないですか?」

とも述べた。稲田氏と会った時期は

  「2年ほど前にお会いしたかな?1年ほど前かな?いわゆる業界の筋の会合で自民党会館でお目にかかりましたからな。時の政調会長やったけど」

と説明した。

 菅野氏は動画公開後、

  「僕のインタビューに出てくる籠池理事長の証言だけだと信用できんと言うのなら、紙で、裏とったこと証明しておこう。やっぱりちゃんと、稲田朋美と書いてある」

として、森友学園が起こした訴訟の2005年の準備書面の画像をツイッターで公開。原告代理人弁護士の名前として、夫の稲田リュウジ氏の次に朋美氏の名前もある。

稲田氏「準備書面は初めて見た」
 この動画と準備書面の画像は、17年3月13日の参院予算委員会でも取り上げられた。民進党小川敏夫氏が、稲田氏がかつて森友学園の顧問弁護士を務め、法律相談に乗っていたと籠池氏が話したことを指摘すると、稲田氏は

  「全くの、それは虚偽であります」

と全面的に否定。準備書面の画像は「初めて見た」として、

  「12年前、私は国会議員で主人は大阪で事務所をしていた。共同事務所の場合、委員もお分かりでしょうけれども、事務所の1人の事件についても(書面を)連名で出すことは多くある。私は一切、籠池氏から法律相談を受けたことはない」
  「抵当権抹消ですか?平成17年の?その時に、委任状の中に私の名前があったということは推測されますよ。準備書面に書いてあるというのはそういうことだと思いますよ?なので、実質として、実態として、私は籠池氏から法律相談を受けたこともなければ、実際に裁判を行ったことはない」

と話した。書面に名前は入っているが、実質的な弁護活動は行わなかった、という主張だ。

 籠池氏と会った時期についても、稲田氏は

  「10年ほど前から、私はお会いもしていないし関係を絶ってるんです」

と従来の見解を繰り返した。

 東京都内のある弁護士は、稲田氏の説明について

  「自分が実質的に関与していなくても、準備書面に名前が出ることはあり得る」

と一定の理解は示しながらも、

  「弁護士としては、書面に名前が出た時点で責任を負うということ。弁護士に対する懲戒請求が行われる際も、本人が実質的に関与していなくても、準備書面に名前があったことを理由に懲戒の対象になることもあり得る。稲田さんの場合、弁護士事務所が共同経営だということであれば、間違いなく責任を負うことになるのでは?」

と、稲田氏の対応には問題があるとの見方を示している。


【稲田朋美 森友学園】稲田防衛相と籠池氏、食い違い一段と鮮明 森友学園訴訟書面に「代理人弁護士」