読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【森友学園問題】「乳母車に乗せると脳細胞を壊す」と保護者に手紙

f:id:katun055:20170306233640j:plain

「子供を通わせていた幼稚園が、この春から系列の『安倍晋三記念小学校』を新設するからといって、寄付金を求められたんです。ウチは1口1万円で2口以上の寄付を求められました。1口5万円を求められたママ友もいました。たしかに、園長先生と安倍昭恵さんが親しいそうで、幼稚園で講演もしていますが、私は安倍さんの支持者じゃありませんし…。寄付はしませんでした」。Aさん。

 現在、大阪・豊中市の国有地売却問題が国会で大炎上中で、連日、新聞やテレビで大きく取り扱われている。

 簡単にいえば、国の土地が前代未聞の安さで学校法人「森友学園」に売られ、その背後に、新設小学校、(瑞穂の國記念小学院)の名誉校長である昭恵さんや安倍首相の影響力があったのではないか、という疑惑である。その森友学園の理事長が、前出のAさんの言う、昭恵さんのオトモダチの園長だ。全国紙記者が言う。

「隣接する土地の値段から計算すると13億円ちょっとのはずでした。ところが、国の鑑定価格で9億5600万円に減り、さらに地中にゴミが埋まっていて掘り起こす費用がかかるとして8億円以上が安くなった。しかも、8億円とは別に、汚染土壌の除去費用として、国は1億3000万円余りを森友学園に支払っています。実質的に、たったの200万円で土地を手に入れたことになります。国有地は国民の財産。それが不当に安く払い下げられたのなら、重大な問題です」

 

【森友学園問題】「乳母車に乗せると脳細胞を壊す」と保護者に手紙

 

 結局、安倍晋三記念小学校という名称は使われず、昭恵さんは騒動を受けて名誉校長を辞任したが、過去の講演では、「こちら(森友学園)の教育方針は、主人(安倍首相)も大変素晴らしいと思っている」と絶賛していた。

 それもそのはずだ。森友学園が運営する「塚本幼稚園」の運動会では園児が“選手宣誓”で「安倍首相がんばれ! 安倍首相がんばれ!」「大人の人たちは日本が他の国に負けぬよう」と声を張り上げる様子が報じられている。

 実際に園に子供を通わせていた前出の母親Aさんは「あり得ない日常でした」と声を震わせた。

「猫の顔をあしらったスクールバスがかわいいし、冷凍食品や化学調味料をできるだけ使わない給食が魅力だったので入園させました。ところが、驚いたのは毎朝の朝礼で明治時代の教育勅語を朗唱すること。『大君(天皇)の足元で死のう』という歌詞の軍歌を歌わせることもありました。園が作成する『お母さん新聞』には“日本人の精神”や“武士道”といった記述ばかり。運動会の園長先生の挨拶がとにかく延々と長くて、内容は北方領土がどうとか、竹島がどうとか、尖閣諸島がどうとか。幼稚園児にわかるはずもないんですが…」

前述の通り、森友学園理事長が幼稚園の園長を、理事長夫人が副園長を務めている。別の母親のBさんは、副園長からかけられた言葉が忘れられない。

「何か問題があると副園長が毛筆で手紙を書いて子供経由で保護者に渡すんです。あの幼稚園では決まった短い時間にしか子供をトイレに行かせません。混雑していて入れなかったり、たまたまその時に出ない子もいて、後でお漏らしをする子も多い。ウチの年少の息子がお漏らししたときでした。園の先生は放ったらかしで、息子はウンチまみれのパンツを直にカバンに入れて持ち帰りました。

 それから園では『アンモニア臭い』とか『持ち物が臭い』と言われるようになり、副園長から『お母さん、犬のにおいってくさいんですよ』『パンツが生乾きで犬臭い』との手紙が届きました。毛筆で書かれた『犬臭い』という言葉にはショックを受けました」

 園の定める独自のルールに戸惑う母親も多い。

「お茶を飲む時間も決められていて、食事中にお茶を飲んではダメという不可解なルールもあります。旧海軍がそうしていたかららしいのですが、理由はサッパリわかりません。副園長はベビーカーにも反対で、『乳母車に乗せると脳の細胞を壊す。犬や猫と同じ扱いをしないで人間として扱って下さい』という手紙をもらったことがあります。背骨が曲がるので抱っこひももダメ。特に、父親が抱っこひもをするのは見苦しいので“絶対にさせるな!”と指導されました」(Bさん)

 この幼稚園では、「よこしまな考えを持った在日外国人・シナジン」と記した文書を保護者に配布するなど、人種差別的な表現も多く見られた。母親のCさんが言う。

「ある在日韓国人の母親に対し、副園長は子供に炭酸飲料を飲ませていたと叱り飛ばし、『韓国人とかは整形したり、そんなものをのんだりしますが、日本人はさせません』と書いた手紙を送りました。ショックを受けた母親が、『差別ではありませんか』と抗議の手紙を返すと、副園長は“差別はしていない”としながら、『心中、韓国人と中国人は嫌いです』との手紙を送り返していました」